FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にわとりに藁

妻のふみです。

この冬、私は 趙 漢珪 先生の本にはまり、まず、出来る所からと、にわとり小屋にせっせと藁を運んでいます。

床土がの土着微生物と藁と残った餌などが自然に発酵し、床土が気持ちいい感じなって、にわとりが住み心地が快適ななって、発酵した床土をつまんで体の調子も良くなって、美味しい卵を産むと。。

米農家的にはお金もかからないし、素敵な方法です。

見てください。。
にわとりが喜んでるでしょ?

IMG_0134.jpg

この子たちが、卵を産み始めました。
産卵箱がまだ作ってあげれてないので、今日はこれから木工仕事です。

スポンサーサイト

新しい鶏舎

今日は、鶏舎の設計をしています。

いや。。

設計なんて、すごい感じじゃないんですが、
単管を何本使うかなど、
前に建てたのより、使いやすくしたいので、頭をひねっています。

いくら目を上にあげても、前に建てた鶏舎がどんなだったか思い出せないので、

只今、鶏舎を見て、写真に撮ってきました。


CIMG3899_convert_20150114141927.jpg

我が家のにわとり達。

冬になって、はげていた毛も、ふかふかに生えてきました。

手前にいる子は、いじめられっ子。。
私に助けを求めて離れなくて、かわいい子です。

奥のボス。
メスだけ買ったつもりが、間違って入ってきたオスです。
私はたまに、こいつとやりあいます。
メスには優しいが、私には蹴りを入れてくる、子供が恐れるボスどりです。

いい産卵箱も、作ってあげなくちゃ。。

ヒヨコがきた!!

きのう、とうとうヒヨコが来ました~!!
かわいい~~♥♥♥♥
みんな、まさかヒヨコの色が黒いとは思わず、来てみてビックリ。
黄班プリモスロックという種類です。

011_convert_20130413090056[1]


ピヨピヨ ピヨピヨ
 ピヨピヨ ぴよぴよ

耳鳴りがしそうです。

小屋の方は間に合わず。。。
とりあえず、ビニールハウスの中で飼うことにしました。

鳥小屋建設中

春になった。。。
けれども、なかなか我が家の稲作が始まらないので。。
畑やにわとりの話を書いていこうと思います。

まず、今日はにわとり話。

この春から、にわとりを飼うという話を前々からしていたのですが、建てる建てると言いながら、なかなか建てはじめないでいた鶏小屋。。。
4月12日にひよ子さん達がくることが決まり、ようやく、鳥小屋を作り始めました。

ちなみに、にわとりは家畜です。
たまごを頂くだけ頂いたら、食べる気満々です!!

建てる場所は畑の横の木を燃やしたりするのに使っていた場所。
ユンボでならして、やっと平らになりました。
ここに鳥小屋をたてていきます。

030_convert_20130324140700[1]


5メートル×3メートル。。。
紐を張って見たら、案外せまい。。。
とりあえず、材料も買ってしまったので、このまま建て進めます。

ちなみに迎い入れるヒヨコちゃんは30匹。
こんなに卵、食べきれるかなぁ。。。なんて
今から心配しつつ。。。

005_convert_20130403094738[1]

035_convert_20130403101535.jpg


あーだこーだ言いながら、2日ぐらいでやっとここまで進みました。
次はアタン張り。

子供らが春休みに入って、みんな勢ぞろい。
ちなみに秋にもう一人生まれて、全部で5人になりました。

鳥小屋作りは、進むのだろうか。。。



プロフィール

ふなくぼ農園

Author:ふなくぼ農園
新潟県南蒲原郡田上町の小さな農家です。
わが家の特徴はいきもの好き。
「人にやさしく、自然にやさしく」をモットーに楽しく農業をしています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。